メニューボタン

保育所の規定

トップ > くらしの情報 > 子ども・教育 >保育所の規定

保育の必要性の認定

保育所では、保護者が働いている・病気にかかっている等により「保育に欠ける」状態にあるお子さんを家庭の保護者にかわってお預かりし保育を行いますので、すべてのお子さんが無条件に入所することはできません。保育所等の利用を希望する場合は、保育を必要とする認定(保育認定)を受けていただく必要があります。

 

保育認定の基準

(1)就労(フルタイムの他、パートタイム、居宅内の労働など)

(2)保護者が妊娠中か出産後間もない(産前・産後8週まで)

(3)保護者に疾病、障害がある

(4)同居または長期入院などしている親族を介護、看護している

(5)幼児の家庭が火災、またはその他の災害で保育ができない家庭

(6)求職活動(起業準備を含む)(3ケ月まで)

(7)虐待やDVのおそれがある

(8)保護者が就学中・職業訓練を受けている

(9)育児休業取得時に、既に保育所を利用している子どもがいて継続利用を必要としている

(9)その他村が認める場合

 

申込み方法

毎年10~11月頃から入所申込書の配布を行います。面接、入所選考委員会での選考を経て2月頃に確定となります。詳しい日程などは「広報つまごい」でお知らせします。

感染症拡大防止の観点から、就労証明書については就労先事業者の押印を不要とする対応を行っておりますので、ご留意ください。(証明書の内容については、記入された方に確認する場合があります。)

施設型給付費等支給認定申請書兼保育所入所(施設利用)申込書PDFファイル(113KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

施設型給付費等支給認定申請書兼保育所入所(施設利用)申込書エクセルファイル(29KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

就労証明書ワードファイル(58KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 

求職活動・出産報告書(兼誓約書)PDFファイル(106KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

教育委員会事務局
TEL: 0279-96-0544