広報つまごい【今月のニュース】

第68回嬬恋村成人式

 
 8月15日、東海大学嬬恋高原研修センターで第68回嬬恋村成人式が行われました。
 今年の新成人は、平成8年4月2日から平成9年4月1日までの間に生まれた村内出身者・村内在住者150人が対象で、102人(男59人・女43人)が出席しました。東中学校と西中学校の最後の卒業生になります。
 当日は、久しぶりに再会する恩師や友人たちと写真を撮ったり、話に花を咲かせたりと会場は温かな雰囲気に包まれました。
 新成人代表の熊川達大さん(今井)は、「今まで以上に一人の大人として、責任のある行動を取り、社会に貢献できるよう日々の生活を送っていきます。そして、さらに夢や目標に向かって努力し、前進していきます。それが今まで支えてくださった皆様への恩返しだと思っております。」と力強く誓いの言葉を述べました。


コープぐんまと「協定」を締結しました

 8月10日(水)役場において、コープぐんまと「災害時における救援物資提供に関する協定」を締結しました。この協定により、災害時に物資の供給、輸送、ボランティア活動等の支援を受けることができます。



今井集落センターの屋根の改修が終わりました!!

〜コミュニティ助成事業〜
 (財)群馬県市町村振興協会で行っている「サマージャンボ宝くじ」の収益等によるコミュニティ助成事業により、今年度は今井集落センターの屋根の改修が行われました。
 宝くじの助成で、老朽化した集落センターの整備が行われ、地域の中心施設として安心して利用できると喜ばれております。

コミュニティ活動が充実!!

 
 (財)自治総合センターでは、 宝くじの社会貢献広報事業の一環として、宝くじの受託収益事業収入を財源としているコミュニティ助成事業を実施しています。
 本年度は、干俣区がお祭り用のポールの改修、テント、簡易トイレ、大型うちわを購入しコミュニティ活動の充実を図りました。










平成28年第1回総合教育会議が開催されました

◇日 時
8月8日(月)
◇場 所
嬬恋村役場応接室
◇参加者
委 員:村長、教育長、教育委員4名
その他:東部小校長、西部小校長、総務課長、事務局長、事務局

(1)英語教育の推進について 
【英語教育強化地域拠点事業】
・平成32年度から小学校の学習指導要領の改定により、小学校5,6年生の英語教科が週2時間、3,4年生で英語活動が週1 時間行われるに当たり、研究事業として文科省の指定で村内学校の東部小、西部小、嬬中、嬬高の4校が平成26年度〜29 年度の4年間で指定を受けました。
【各委員等の意見】
・英語教育の狙いとしては、英会話が日常できるような子どもに育てるという村の方針を踏まえて取り組んでいます。
・出来るだけ毎日何らかの形で短時間でも英語に触れています。
・嬬恋はトップランナーで走って現代の先生方の模範的な参考となる実践をされていると思います。
・英語の歌を堂々と歌える、色々な単語の意味がわかる。
・小学校から始められることはとても恵まれたことだと思います。苦手意識が付かないように重点的に取り組んでいってもら いたいと思います。
・息子が海外で生活していまして、どうしたら英会話が身に付くか今模索しています。
・海外に出ていって活躍できる日本人を育てるには、ふるさと学習を理解尊重して外国文化も尊重できるような子どもたちを 育てたいと考えます。
【村長】
・学校現場の貴重なお話を伺いまして、目標に向けて一歩一歩前進していると印象を受けました。
・嬬恋村は国際化に向けた幼小中における英語教育の推進をはかっていきます。
 
(2)いじめ問題への対応について
【いじめとは】
・他の生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為の中で、対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じるものを指します。
・いじめ内容:仲間はずれ、無視、冷かしやからかい、悪口や陰口、軽くぶつかる、遊ぶふりをして叩く、金品を隠されたり盗まれ たり壊される、パソコンや携帯電話を利用して誹謗中傷や嫌なことをされる
【各委員等の意見】
・いじめを見て「もしかして、そうかな」という時に正面を向いて見逃さない気持ちが大切です。
・いじめ防止対策の取り組は、特に未然防止に力を入れていきます。具体的には、仲間づくり、授業づくりという方針を立てて 取り組みます。
・とにかく学校へ行くのが楽しいという学校づくりを進めます。自分がされていやなことは友達にしてはいけないという指導を します。
【村長】 
・今は大きな事件等起きていませんが、いざ非常時に即対応できるよういじめ対策の組織づくりを進めます。

(3)その他
【各委員等の意見】
・西部小自転車部について、今後も交通安全意識向上を目的に活動を続けていくべきだと思います。
・学校施設の日々の管理については校長先生を中心に事務、公仕、PTAの方にお世話になっております。今後ともよろしくお 願いします。

ファミリーコンサートが開催されました

 今年も文化協会主催のファミリーコンサートが、8月20日に嬬恋会館で開催され、当協会、音楽部「コーラス灯」「コーラスカスターニェ」、村内より嬬恋少年少女合唱団」「嬬恋中学校吹奏楽部」、千代田区からは男性コーラスの「リーダークランツTOKIO」「オーケストラ尾原記念合奏団」に出演していただきました。最後にオーケストラの伴奏で「嬬恋村の歌」を会場の皆さん全体で合唱し締めくくられました。
 270名を超える来場者を迎え充実したコンサートでした。

「キャベチュー」開催しました!

 
 9月4日、普段なかなか伝えることができない愛や感謝の言葉を叫ぶイベント「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(キャベチュー)」を愛妻の丘で開催しました。
 今年で11回目の開催。県内外の23人が、妻や彼女に向かって「愛しているよー」「いつもありがとう」などの言葉を叫びました。最愛の彼女へのプロポーズや別れた彼女へ、今度結婚する娘夫婦への想いなど、様々な熱い叫びがありました。また、叫ばれた妻が夫に叫び返すシーンもあり、会場は温かな空気に包まれました。




四阿山トレッキング

 今年から制定された山の日を記念して、「山の日制定記念 四阿山トレッキング」が8月11日に開催されました。
 当日の天候は曇りでしたが徐々に天候も回復し、浅間山を始めとする雄大な山々の姿や、美しい高山植物を見ることができました。
 参加者(総勢49名)は村文化財調査員の下谷氏などから四阿山の歴史についての説明を聞きながら登頂し、下山途中では「嬬恋清水」の湧水を水筒に詰め貴重な水をお土産にしていました。
 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
ページトップへ