広報つまごい【今月のニュース】

春を告げる地域の伝統行事

4月から5月にかけて、各地区で獅子舞などの春祭りが行われました。
 写真は、5月2日(月)に役場前で披露された大前区の「大前八十八夜獅子舞」です。その日はご神体をのせた屋台を引いて区内をまわり、神社の境内など7カ所で獅子舞や手踊りが催されました。



鹿沢いこいの広場周辺の植樹を行いました

 美しい自然景観を保持し、快適な道路環境を整備するため、桟敷山麓「鹿沢いこいの広場」にサトウカエデの植樹を行いました。
 今回の植樹には村関係者やモータースポーツ推進機構の皆様をはじめ、計36名の方にご協力をいただきました。サトウカエデは鮮やかな赤色に紅葉する品種ですので、将来は従来のカラマツ等からなる針葉樹に加えた深みのある紅葉が楽しめるようになります。
 村では引き続き、美しい自然景観づくりに取り組んでいきます。

しゃくなげ園祭りが開催されました

 5月20日(金)〜6月12日(日)に、第14回浅間高原しゃくなげ園祭りが開催されました。
 今年の来場者は約5,000人でした。例年に比べると開花が早く、関係者の間では、お祭り前に散ってしまうのではと心配の声もありましたが、お祭り期間中も色鮮やかなシャクナゲが多くのお客様を魅了していました。
 花の見頃が終了した後も、嬬恋村随一の絶景が望める場所です。ぜひお越しください。

自衛官募集相談員に委嘱状が交付されました

 5月12日(木)、役場会議室において、嬬恋村長と自衛隊群馬地方協力本部長、沼田地域事務所長の連名により自衛官募集相談員委嘱状交付式が行われました。
 交付式には、自衛隊群馬地方本部より杉山浩本部長(防衛事務官)、沼田地域事務所より若山晃事務所長をお迎えし、村長より委嘱状が、杉山本部長より身分証がそれぞれ交付されました。
 委嘱期間は、委嘱の日から2年間で、自衛官を志す方へのアドバイスや、情報提供、学校への募集協力の促進、自衛隊の広報活動に対する支援などを行っていただきます。

湯の丸レンゲツツジ保存会平成28年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰 受賞!

 4月20日(水)に東京都新宿御苑で行われた平成28年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰式において、湯の丸レンゲツツジ保存会が表彰されました。
 湯の丸レンゲツツジ保存会では平成12年の発足以来、ボランティアによる草刈り等の自然保護活動を実施してきました。このような湯ノ丸山の美しい景観や貴重な自然環境の維持に貢献した功績が認められ、今回の受賞へと繋がりました。

熊本地震義援金ご協力ありがとうございました

 村では、村の施設に募金箱を設置し、4月16日に熊本県で発生した地震による南阿蘇村の被災者の方への義援金をお願いしてきました。
 5月31日に受付を終了したところ、多くの方々からご協力をいただき、熊本県南阿蘇村に送金することができました。
 この義援金の中には、各地区の行事の際に集めていただいた募金や、各種団体からの募金も含まれております。
 皆様のご支援、ご協力ありがとうございました。
義援金額 632、783円
▽問い合わせ先
総務課
TEL 96―0511
ページトップへ