広報つまごい【今月のニュース】

地域活動支援センターの愛称が『すきっぷ』に決まりました!

 平成28年度開所予定の4ヶ町村(※)で運営する地域活動支援センター愛称募集に際しましては、たくさんの応募をいただきありがとうございました。
 審査の結果、長野原町在住の萩原瑠海様が応募してくださった「すきっぷ」に決定しました。スキップをしたくなるような気持ちで自分の好きな道を歩んでいけるようにという思いの込められた愛称です。
 今回の募集では多くの皆様から熱い思いや大きな期待のこもった応募が寄せられ、関係者一同感謝しております。
 今後も皆様のあたたかいご支援とご協力をお願いします。
※4ヶ町村…嬬恋村・長野原町・草津町・中之条町(六合地区)

救援物資を熊本県南阿蘇村へ

 4月14日に熊本県で発生した地震を受け、村では、防災協定を結んでいる嬬恋銘水と協力し、飲料水(500ml、2Lペットボトル各3000本 計6000本)を、4月19日に熊本県南阿蘇村の中学校へ届けました。
 南阿蘇村には、村と「包括的連携協力に関する協定」を締結している東海大学の農学部のキャンパスがあり、農学部学生寮も甚大な被害を受けたため、今回、輸送を実施しました。
村の宣伝部長が活動を開始!
 3月にデビューした村の公式キャラクター「嬬キャベちゃん」が活動を始めました。4月19日は佐久市総合体育館で開催された大相撲春巡業の会場で、また23日には上田市サントミューゼで開催された真田フォーラムに出演、村長とともに村のPRに奮闘しました。
道路清掃ボランティアありがとうございました
ゴミのないきれいな村でお出迎え〜おちょんきねっと〜
 4月12日におちょんきねっと(松本もとみ会長)の会員の皆さん19名により、国道144号線沿い農協長井支所から鳥居峠方面の広範囲にわたり道路清掃が行われました。おちょんきねっとによる道路清掃は、毎年2回春と秋に行われており、道路の環境整備及び安全確保のために欠かせない活動となっています。
 「今回は今までで一番量が多かったという印象です。冬の間、雪の中にあったゴミがこの時期一気に出てきて、車からのポイ捨てが多いことを実感します。沿道のゴミがなくなり、GWにお客様が気持ちよく嬬恋村を訪れてくだされば嬉しいです。」と松本会長は語ってくれました。おちょんきねっとの皆さん毎年ありがとうございます。

第30回安市が行われました

 
 4月29日に三原地区で嬬恋村商工会主催の「安市」が行われました。毎年恒例となるこの歩行者天国では、花木や農作業用品、村の特産品などの販売や、田代轟太鼓・バルーンアートなどのイベントが行われ、ゆるキャラの「嬬キャベちゃん」と群馬県建設業協会の「ぐんケンくん」も登場し会場を盛り上げました。
 また、会場では4月14日に発生した熊本地震義援金の募金活動も行われました。







嬬恋村災害対応ガイドブックが完成しました

 このガイドブックは火山の噴火をはじめ土砂災害、洪水災害、地震災害などから身を守るためにどのような対応をとればよいか、災害に応じてまとめられています。
 災害はいつ、どこで発生するかわかりません。普段から万が一の時の行動や家族との連絡方法、避難場所などを確認しあい、災害への備えとしてください。
◇問い合わせ先
総務課地域安全係
TEL 96―0511

第39回みどりマラソン大会結果

 
◇日 時 4月29日
◇場 所 総合グランド
◇参加者 249人













ページトップへ