広報つまごい【今月のニュース】

横浜市中区と友好交流協定を締結しました!

 2月12日(金)、嬬恋村役場で行われた締結式には三上章彦区長が横浜市中区より出席し、熊川栄村長と協定書を交わしました。嬬恋村出身の中居屋重兵衛が横浜で生糸貿易商として活躍し横浜の経済発展に貢献した事が縁となり、イベントや表敬訪問等の交流を通じて関係を深め今回の協定を結ぶに至りました。
 協定締結式後の協議では、両自治体で行われるイベントの交流や大規模災害時における相互支援、住民同士の交流等、双方が協力し合い発展して豊かになれるよう交流内容について話し合われました。

横浜市中区
 横浜市中区は、多くの観光客が訪れる中華街や横浜公園、赤レンガ倉庫、カップヌードルミュージアム等がある一帯です。また、歴史文化施設である開港記念会館を始めとした歴史的建造物があるほか横浜開港の歴史を伝える碑が中区のあちこちに点在しています。
 開港時の横浜で「あかがね御殿」と呼ばれた中居屋重兵衛の店跡も横浜市中区にあります。
横浜市中区のイベント参加事例 【三塔の日イベント】(開催時期:3月上旬)
 「横浜三塔」として知られる、神奈川県庁(キング)、横浜税関(クイーン)、開港記念会館(ジャック)。開港記念会館を中心とし、三塔で連携した「三塔の日」イベントではコンサートからワークショップまで様々な催しをします。
 平成27年は、「生糸貿易商」にスポットが当たり、村からは7代目中居屋重兵衛で中居屋重兵衛顕彰会の黒岩幸一さんがパネリストとして参加したほか、村職員もイベントに参加し、中居屋重兵衛の資料展示、観光パンフレット配布、特産品販売等の観光PRを行いました。

【ハローよこはま】(開催時期:10月中旬)
 横浜公園から日本大通りを会場としたイベントであるハローよこはまは「キング」「クイーン」「ジャック」の3つのエリアに分かれ、それぞれのエリアでの催しもあり大変賑やかなイベントです。
 平成27年の10月に開催された「ハローよこはま2015」には熊川村長も参加し、嬬恋村をアピールしてきました。

座間味村中学生交流事業

2月2日から4日まで、姉妹提携村である沖縄県座間味中学校の2年生11人が来村し、嬬恋中学校の生徒と交流事業を行いました。
 2月2日には嬬恋中学校の体育館で交流会が開催され、嬬恋中の生徒が作成した雪だるまが座間味村の皆さんを出迎えました。
 中学生がお互いの中学校の紹介を行い、嬬恋中学校2年生全員と体を使ったゲーム等で交流した後、座間味村の生徒が沖縄の伝統舞踊であるエイサーを披露し、短い時間ではありましたがお互いの親交を深めました。
 2月3日にはパルコール嬬恋スキー場にてスキー体験を行いました。当日は天気にも恵まれ、座間味村の生徒たちは雪まみれになりながらも嬬恋村での自然体験を満喫しました。




浅間山北麓ジオパーク構想モニターツアー開催!

2月21日(日)にスノーシューモニターツアーが実施され38人が参加しました。鹿沢インフォメーションセンターから村上山山頂を目指した本ツアーは、山頂までの道中に鹿沢エリアの動物や植物等の解説がありました。山頂からは浅間山北麓の美しい高山地形と浅間山、雪に包まれ白くなった嬬恋を一望することができ、参加者の皆さんは感動していました。
ページトップへ