広報つまごい【お知らせ】

税務署からのお知らせ

平成27年分の確定申告および納税の期限等について
○申告所得税及び復興特別所得税
・申告および納税の期限3月15日(火)
・振替納税利用者の口座振替日4月20日(水)
○消費税および地方消費税(個人事業者)
・申告および納税の期限3月31日(木)
・振替納税利用者の口座振替日4月25日(月)
○贈与税
・申告および納税の期限3月15日(火)
・振替納税制度はありません
※1申告所得税及び復興特別所得税、消費税および地方消費税(個人事業者)の納税は、振替納税が便利ですので是非ご利用ください。
※2申告所得税及び復興特別所得税、贈与税には延納制度が有ります。詳しくは、税務署にお問い合わせください。
◇問い合わせ先中之条税務署
TEL 0279−75−3355

税務課からのお知らせ自動車の登録手続きはお早めに

 車の買い換えや住所変更等された方は、3月末日までに移転手続き、登録変更手続等を確実に済ませてください。
▽自動車の登録について
・変更登録(住所や名前を変更した場合)
・移転登録(自動車を売買、譲渡した場合)
・抹消登録(自動車を解体した場合、既に使用不能である場合)
 これらの手続きを行っていないと、新しい住所地に納税通知書が届かなかったり、既に使用していない車の納税通知書が届く等のトラブルが発生する場合があります。自動車販売会社に手続きを依頼された方も再度ご確認をお願いします。
※99ナンバー(白色)のトラクターは、群馬運輸支局と役場税務課の両方で手続きが必要です。

▽減免制度について
身体障害者等の方が使用する自動車について、一定の要件に該当するとして申請があった場合に自動車税・軽自動車税が減免される制度が有ります。
 対象となる障害や車両等、詳しくは、吾妻行政県税事務所または税務課へお問い合わせください。

各種問い合わせ先
◇登録手続きに関すること
・普通自動車や250CCを超えるバイク
 関東運輸局群馬運輸支局
 TEL 050−5540−2021

・250CC以下125CCを超えるバイク
 群馬県自動車整備振興会
 TEL 027−261−0274

・軽自動車
 軽自動車検査協会群馬事務所
 TEL 050−3816−3109

・125CC以下のバイクや農耕作業用車
(トラクター含)などの小型特殊自動車
 税務課 TEL 96−0513

◇自動車税に関すること
・自動車税
 吾妻行政県税事務所
 TEL 0279−75−3300

・軽自動車税
 税務課 TEL 96−0513

税金の未納はありませんか?

■村税について
 村税は、医療・福祉・教育や道路整備など村が実施する事業の大切な財源です。
 村では、滞納村税の一掃と財源確保のために村税の滞納整理に積極的に取り組んでいます。
 税は、「自主納付」「納期内納付」が原則です。未納が続きますと延滞金等が発生し、負担が増えることがあります。
 村県民税・固定資産税・軽自動車税・国民健康保険税などの納め忘れがないかもう一度確認をお願いします。あわせて納期内納付へのご理解とご協力をお願いします。
■納付方法について
 納付場所につきましては、平成21年度から村内金融機関・郵便局に加えコンビニエンスストアでも可能になりました。また毎週水曜日には、午後7時まで役場窓口の延長も実施しています。便利で確実な『口座振替』の申し込みも随時受け付けておりますので、ぜひご利用ください。
■滞納者への取り組み
 納期限が経過した方には、督促状・催告書の送付または電話による催告や自宅訪問を行い納税交渉を行っています。しかし納税交渉に応じていただけない場合や納税への誠意が感じられない場合には、調査を行い、法に基づき厳正に対処します。ぜひとも、納税交渉に応じていただき、納税されますようお願いします。
■納税相談について 
 滞納している税金が1年以上ある場合など、一括納付が難しい場合は、分納という形で数回に分けて納付することも可能です。
 また災害・病気・破産などの理由により納期限までに納税できない方につきましては、申請により納税を猶予する事もできますので、まずは納税相談にお越しください。
▽問い合わせ先
税務課 徴収係 TEL 96―0514

〜インターネット公売を行います〜

 村税の滞納処分のため、差し押さえた不動産について「ヤフー!官公庁オークション」を利用して公売を実施します。
詳しくは、嬬恋村ホームページまたはヤフー!官公庁オークション(http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/)をご覧ください。
◇参加申込期間
2月16日(火)午後1時〜2月26日(金)午後11時まで
◇入札期間
3月4日(金)午後1時〜3月11日(金)午後1時まで
◇問い合わせ先 税務課 徴収係 TEL 96−0514

介護保険からのお知らせ

3月から要支援者の訪問介護と通所介護が「新しい総合事業」に移行します
 介護が必要にならないように、また介護が必要な状態になってもそれ以上悪化しないようにするために、現在要支援1・2の方に介護予防サービス「訪問介護(ホームヘルプ)」と「通所介護(デイサービス)」を提供しています。この2つの介護予防サービスを全国一律基準に基づくサービスから、村が実施する「新しい総合事業」に移行します。
 村では、要支援に認定され介護予防サービスを利用している皆さまが、現行のサービスを変わりなく利用できる体制を保持していくことを第一に考え、介護予防・生活支援の充実を図るため、3月から新しい総合事業に移行し、サービスを提供していきます。
※現在、要支援の認定を受け訪問介護・通所介護を利用している人は、3月以降も引き続き同様のサービスを利用出来ます。(認定の更新の際に、総合事業に移行します)
▽問い合わせ先 
住民福祉課 介護保険担当 
TEL 96―0515

「嬬恋村医療技術者等育成奨学金」の奨学生募集について(お知らせ)

 平成27年度より本村の医療・福祉を支える人材を育成し、地域医療等の確保および充実を図ることを目的として実施しています「嬬恋村医療技術者等育成奨学金貸付制度」の平成28年度奨学生を次の内容により募集します。奨学金の貸付を希望される方は、申請期間内に必要書類を住民福祉課まで提出してください。
▽申込資格
・本村に居住する者またはその子女
・医療技術者として村内の医療機関等に勤務する意思を有すること
▽募集人員 平成28年度 2名
▽申請期間
2月15日(月)〜3月15日(火)
▽申請手続
 医療技術者等奨学金貸付申請書に住民票の写し、在学証明書(申請時に在学中の方)および推薦調書を添付し担当者へ提出してください。
※申請用紙は、住民福祉課へご請求ください。
▽奨学生の決定
書類選考により奨学生を決定し、その結果を4月上旬に通知します。
▽貸与金額
月額80、000円以内
▽返還方法
 卒業した日の属する月の翌月から起算して6月を経過した後、貸付を受けた月数の3倍に相当する期間内に月賦または年賦で返還していただきます。
 ただし、奨学生が必要な資格を取得し、村内の医療機関等に継続して勤務した場合は、その勤務期間に応じて全部または一部の奨学金の返還債務を免除します。 
 詳細につきましては、住民福祉課国保係までお問い合わせください。
▽問い合わせ先 
住民福祉課 国保係 
TEL 96―0515

国民健康保険からのお知らせ

☆窓口での申請手続きについて
 平成28年1月1日より、マイナンバー制度(行政手続きにおける特定の個人を認識するための番号の利用等に関する法律)の開始に伴い、国民健康保険の手続きの際に個人番号の記入と窓口に来られた方の本人確認が義務づけられました。国民健康保険の手続きをされる際は、世帯主と対象となる世帯員および窓口に来られた方のマイナンバーがわかるもの(個人番号カード・通知カード等)および本人であることが確認できる書類をご提示ください。
なお、代理人(世帯主・世帯員以外の方および葬祭費の申請の場合は葬祭を行った人以外の方)が申請する場合には、世帯主が作成した委任状も併せて必要となります。ご理解とご協力をよろしくお願いします。
【申請手続きについて】
▽世帯主または世帯員が申請する場合
・必要となる書類
(1)世帯主と対象となる世帯員の個人番号カード・通知カードまたはマイナンバーが記載された住民票の写し等
(2)窓口に来る方の本人確認書類
▽代理人(世帯主または世帯員以外の方)が申請する場合
・必要となる書類
(1)世帯主が作成した委任状
(2)世帯主と対象となる世帯員の 個人番号カード・通知カード(写しでも可)またはマイナンバーが記載された住民票の写し等
(3)代理人の本人確認書類および個人番号カード・通知カードまたはマイナンバーが記載された住民票の写し等

【本人確認書類について】
▽1点で本人確認が可能な書類
 個人番号カード、運転免許証、パスポート、顔写真付の住民基本台帳カード、在留カード、障害者手帳等
▽2点以上の組み合わせが必要な書類
 健康保険証、介護保険等の被保険者証、年金手帳、年金証書、顔写真のない住民基本台帳カード等の官公署が発行した証明書

☆ジェネリック医薬品を使ってみませんか?
▽ジェネリック医薬品とは?
 「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、先発医薬品(これまで使われてきた新薬)の特許が切れた後に医薬品メーカーが製造・販売している医薬品です。
▽効き目や安全性は?
 ジェネリック医薬品は、厚生労働省から「先発医薬品と同じ有効成分を同量含んでおり、先発医薬品と同等の効能や効果が得られる」と認められています。
▽ジェネリック医薬品を使用するメリットは?
 一般的に、開発費用が安く抑えられ先発医薬品に比べて薬価が3〜5割ほど安く設定されていることから自己負担を減らし、家計の支出を減らすことができます。
※差額は、薬や負担割合によって異なります。
 自己負担分を除いた薬代は、加入者の方々からの保険税とその他の税金で運営されている村の国民健康保険から支払われています。薬代の削減によって保険からの支払い額も抑えられることから、村や国の財政負担の削減や加入者の方々の税負担等の軽減にもつながります。 ▽もっと詳しく知りたい場合は?
 ジェネリック医薬品に関する疑問や質問につきましては、
 つまごい健康ダイヤル
 0120―515―0425(フリーダイヤル)
にお電話してください。経験豊かな医師、看護師等が24時間・年中無休で相談に応じています。お気軽にご相談ください。

▽問い合わせ先 住民福祉課 国保係 TEL 96―0515

平成27年度 第3回村民献血のお知らせ

 成人で体重の約1/13を占める血液は人体の機能を維持するために欠かせないものです。採血所で献血していただいた血液は、その安全性を厳密に検査され様々な患者さんに輸血出来るように目的にあわせて医療機関へ供給され、患者さんに輸血されます。
 病気やけがで輸血を必要としている患者さんの尊い命を救うため皆さまのさらなるご協力をよろしくお願いいたします。
▽日時 3月17日(木)
 午前10時30分〜正午
 午後1時〜午後4時
▽場所 嬬恋村役場 駐車場
▽問い合わせ先 
住民福祉課 TEL 96―0515

ご協力ありがとうございました

赤い羽根共同募金・歳末たすけあい募金
 昨年10月から行われた「赤い羽根共同募金」と12月に行われた「歳末たすけあい募金」について、村民の皆さまからのあたたかいご理解とご協力をいただき大変ありがとうございました。
 また、村内の小・中学校からは、学校募金としてご協力いただきありがとうございました。
 「赤い羽根共同募金」は、社会福祉活動やボランティア活動等のために活用させていただいています。
 また、「歳末たすけあい募金」は、歳末時期と年間を通じた地域福祉サービス等に活用させていただいています。
 本年度の実績額は次のとおりです。
☆赤い羽根共同募金
 1、033、418円
☆歳末たすけあい募金
 1、037、073円
群馬県共同募金会嬬恋村支会
住民福祉課 保健室 TEL 96―1975

春季全国火災予防運動が実施されます

〜3月1日から7日まで〜

『無防備な 心に火災が かくれんぼ』

 この運動は空気が乾燥し、火災が発生しやすいこの時期、皆さん一人ひとりに防火を心がけていただき、尊い生命や財産を奪う火災を防ぐために行われます。
 みんなで注意し、地域から火災を絶対出さないようにしましょう。

【嬬恋村の火災発生状況】
○平成27年の総出火件数
 5件(前年対比5件減少)
○火災種類別
 建物火災  1件
 林野火災  0件
 車両火災  1件
 その他火災 3件
▽問い合わせ先
吾妻広域消防嬬恋分署
TEL 96―1190
総務課
TEL 96―0511

個人番号カードの交付来庁日時の予約をお願いしています

 個人番号カードの申請を行った方々の個人番号カードは、国から嬬恋村役場に届きます。
 村から村民の皆さまに交付する際には、本人確認や暗証番号の設定を行いますので、手続きには20分〜30分ほどかかります。
 交付準備の整った方に「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」のハガキをお送りします。このハガキが届きましたら、混雑を避けてお待ちいただく時間をなくすため、来庁希望日時をあらかじめ電話にて必ず予約いただいてから、住民福祉課窓口へお越しください。 ▽予約方法
・予約場所 役場 住民福祉課 
TEL 0279―96―0515
・時間 平日 午前8時30分〜午後5時15分
▽交付時に必要なもの
○「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」ハガキ
○個人番号通知カード
○本人確認書類(運転免許証等顔写真付き身分証明書)
○住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
▽準備いただきたいこと
○暗証番号(6文字以上16文字以下の英数字と、数字4桁)
 詳しくは、通知カードに同封されているパンフレットをご覧いただくか、住民福祉課住民係までお問い合わせください。
▽問い合わせ先
住民福祉課 住民係
TEL 96―0515 ※「マイナンバー制度」に便乗した詐欺などにご注意ください  「マイナンバー制度」に便乗して行政機関の職員等をかたる不審な電話や訪問が増加しています。「口座番号を教えてほしい」「マイナンバーを貸してほしい」等と言って個人情報を盗み出したり、金銭を要求したりするものです。
 「マイナンバー制度」に便乗した詐欺や不審な電話、悪質な勧誘には、十分注意してください。
 不審な電話があった場合にはすぐに切るようにし、訪問があっても応じないようにしましょう。不安な場合は相談してください。
▽相談先 
消費者ホットライン
TEL 局番なし188
群馬県消費生活センター
TEL 027―223―3001

上田市の図書館をご利用ください。

 上田市との定住自立圏協定により、平成25年度より嬬恋村民も上田市民と同様に上田市立図書館が利用できます。 ◇利用できる上田市内の各図書館
◎上田図書館
 〒386-0014 上田市材木町1-2-47
 電話番号 0268-22-0880
 FAX番号 0268-28-1118
◎真田図書館
 〒386-2201 上田市真田町長7178番地1
 電話番号 0268-72-8080
 FAX番号 0268-72-8082
●上田情報ライブラリー   TEL 0268-29-0210
●上田図書館創造館分館  TEL 0268-27-1758
◎丸子図書館       TEL 0268-42-2414
●武石公民館図書室    TEL 0268-85-2030
◇開館時間 (●の図書館は要問い合わせ)
 平 日 午前9時〜午後6時30分
 土曜日・日曜日 午前9時〜午後5時
◇休館日(原則)(●の図書館は要問い合わせ)
 毎週月曜日・祝日(月曜日の場合はその翌日)・図書整理日(毎月1回)・年末年始
※各月の休館日は変更になる場合がありますので、ホームページ等でご確認ください。
◇利用方法
 図書館のカウンターで、申込書に必要事項を記入して、住所・氏名・生年月日が確認できるもの(運転免許証・保険証等)を一緒に提出し、「利用者カード」を作成してください。
 利用者カードは、本人のみ申請できます。ただし、子どもの場合は保護者が申請できます。
 利用者カードの登録と別にインターネットの登録をすると、インターネットを利用した本の検索や予約ができるサービスを実施しています。平成27年6月より、利用者カードの更新制が始まり、有効期限が3年となりました。詳細は、上田市内の公共図書館に問い合わせください。
◇その他
 詳しくは、上田地域図書館情報ネットワーク(http://echol.gr.jp/)をご覧ください。

教育委員会事務局からのお知らせ

■就学援助費補助金制度
 経済的理由により就学困難と認められる義務教育中の児童生徒の保護者に対し、就学に伴う学用品購入等の費用を援助する制度があります。
 民生委員児童委員の意見聴取等を経た後に支給が認定されます。
 就学援助費補助金を希望される方は、4月末までに就学先の小学校または中学校へ申請してください。

■村の奨学資金制度
 村には、経済的な理由で高校や大学等に進むことが困難な生徒に対し、奨学金を貸し出す制度があります。
 奨学金は無利子で、返済は卒業後6年以内に行うことになっています。
▽奨学金の貸与額
高校      月額3万円以内
大学・短大等  月額5万円以内
▽申請期間
4月1日(金)〜4月28日(木)
※申請書は、教育委員会事務局にあります。

■嬬恋村立小学校における指定校の変更について
 教育委員会では、お子さんが村立小学校に入学する時に、住民登録している住所に基づいて通学すべき小学校を指定しています。
 しかし、必要な条件を満たす場合には、指定された小学校以外へ就学することができます。
 詳細につきましては、教育委員会事務局へご連絡ください。

▽問い合わせ先
教育委員会事務局(学校教育係)
TEL 96―0544

飲酒運転の根絶

 飲酒運転は、重大事故に直結する大変悪質で危険な行為です。職場や地域で「飲酒運転を絶対にしない、させない」という意識を持ち、飲酒運転を根絶しましょう。
 「ハンドルキーパー運動」とは、自動車で仲間と飲食店等に行く場合、仲間の中から、飲酒をしないで仲間を自宅まで送り届ける人を決めておき、飲酒運転をしないという運動です。
「ハンドルキーパー運動」に積極的に参加し、飲酒運転による悲惨な交通事故を防止しましょう

▽問い合わせ先 
群馬県警察本部交通企画課
TEL 027―243―0110

社会教育委員公募のお知らせ

 社会教育委員は、社会教育に関する諸計画を立案したり、教育委員会の諮問に応じ意見を述べるほか、これらの業務に関し調査研究します。
 皆さんの声を反映させるため、委員を募集します。
▽募集人員 若干名
▽募集期間 
 2月22日(月)〜3月10日(木)
▽応募資格
 次のいずれにも該当する方、ただし、国・地方公共団体の職員を除きます。
(1)嬬恋村に居住または通勤している人
(2)年齢20歳以上70歳未満の人(平成28年4月1日現在)
(3)社会教育に関心のある人
(4)年4回程度開催の会議、ならびに数回開催される研修等に出席できる人
▽応募方法 応募希望の人には応募用紙を送付します。ご連絡ください。
▽選考方法 提出書類による審査
※結果は、応募者全員に通知します。
▽書類提出先・問い合わせ先
教育委員会事務局(嬬恋会館内)TEL 80―2330

集落支援員を募集します

 少子高齢化が進む中、村の人口や集落を維持していくためには、従来の集落や別荘地域の行政課題を解決することは欠かせません。
 「集落支援員」として地域課題の解決を支援し、集落や別荘地域のアドバイザー、コーディネーターとなる人材を募集します。
▽募集人員 若干名
▽任期 4月から平成30年3月
▽勤務日数 週3日
▽勤務時間 1日6時間
▽応募期間 2月22日(月)〜3月11日(金)必着
▽応募資格
(1)20歳以上の村内在住者
(2)パソコンの操作やメールの利用が可能なこと
(3)自家用車での移動が可能なこと
▽選考方法 提出書類および面接による審査
▽応募方法 
 応募用紙を郵送、FAX、電子メールでお送りいただくか、直接持参ください。
 応募用紙は総合政策課にて配布し、ホームページにも掲載します。
▽提出・問い合わせ先
総合政策課 TEL 96―1257

西吾妻地区高等職業訓練校平成28年度生徒募集

 西吾妻地区高等職業訓練校では平成28年度の入校生を次のとおりに募集します。
▽募集科
◎木造建築科
 木造家屋の建築における技能
◎木工科
 建具製造における技能(協議中)
◎建築塗装科
 建築物の塗装における技能
(協議中)
▽訓練期間
 3年(原則毎週水曜日昼間)
▽応募資格
 原則として高等学校卒業以上の方、または、平成27年卒業見込みの方で、長野原町・嬬恋村・草津町・中之条町の各職工組合に加入する事業所に所属される方。
▽受付期間
3月25日(金)まで
▽問い合わせ先
西吾妻地区高等職業訓練校事務局(長野原町商工会)
TEL 0279―82―2208

2月は北方領土返還要求運動全国強調月間です

 歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島、国後(くなしり)島、および択捉(えとろふ)島の北方四島は、日本固有の領土です。
 一日も早く北方領土の返還を実現するためには、国民世論の結集が不可欠です。
 北方領土返還要求運動に、皆さんのご理解をお願いします。
▽問い合わせ先 
群馬県国際戦略課
TEL 027―226―3394

渋川医療センター内覧会のご案内

 渋川市立渋川総合病院と国立病院機構西群馬病院が再編統合し、平成28年4月に新病院としてオープンします。
 そこで、地域の皆さまへの新病院披露として内覧会を開催いたします。
▽日時 3月12日(土)
午前の部 午前10時〜正午
午後の部 午後1時30分〜午後3時30分
▽場所 渋川市白井383
※事前のお申込は不要です。当日、直接お越しください。
▽問い合わせ先
独立行政法人国立病院機構
西群馬病院管理課
TEL 0279―23―3030 

「思いやり駐車場利用証制度」にご協力ください

 群馬県では、「人にやさしい福祉のまちづくり条例」に基づき創設した「思いやり駐車場利用証制度」を実施しています。
 「思いやり駐車場利用証制度」とは
 県があらかじめ車いす使用者用駐車施設の利用対象者を定めて、申し出に基づき利用証を交付するものです。
 利用証所持者は、県と協定を結んだ事業者が管理する車いす使用者用駐車施設を利用しやすくなります。
※本県で交付した利用証は、同様の制度を実施する31府県市(8月1日現在)の駐車場でも利用できます。
▽対象 高齢者(要介護認定)、障害のある人、難病患者、妊産婦のうち交付基準に該当する人
▽申し出方法 所定の申し出用紙 
▽申し出用紙配布場所 群馬県障害政策課、嬬恋村役場、社会福祉協議会、群馬県身体障害者福祉団体連合会、県手をつなぐ育成会 ほか
※郵送でも手続きできます。詳しくはお問い合わせください。
▽その他 県では、「思いやり駐車場利用証制度」の協定を締結する事業者を募集しています。
▽問い合わせ先 
群馬県障害政策課
TEL 027―226―2634
FAX027―224―4776

歴史博物館休館延長のお知らせ

 歴史博物館は、改修工事のため、次のとおり休館しています。
※休館期間が延長となりました
▽期間 平成28年7月(予定)まで
▽問い合わせ先 
群馬県立歴史博物館
TEL 027―310―6020
ページトップへ