広報つまごい【今月のニュース】

織田氏の功績を称える胸像の除幕式

 嬬恋村のへき地医療を長年支えてこられ、また文化・体育の分野においても多大な功績のありました織田先生の偉業を称え、嬬恋村国保診療所に胸像が建立されました。
 3月26日に、織田先生夫妻、三人のご子息夫妻をお迎えし、80人を超える村民の方々の見守るなか、胸像の除幕式が華やかに挙行されました。



電気自動車急速充電器が設置されました

 村では、地球温暖化対策および省エネルギー対策として、電気自動車の普及促進と村外から電気自動車を利用して訪れる人が安心して運転出来るよう、また、快適に観光等が出来るよう電気自動車急速充電器の設置を推進してきました。
 この4月より役場駐車場に設置した急速充電器の利用が可能となりました。この急速充電器は、車種や電池の残量にもよりますが、15分から30分ぐらいで充電が完了するものです。利用は24時間・年中無休で「NCS(合同会社日本充電サービス)」のカード(会員価格)による利用の外、ビジター(ビジター価格にてクレジットカード決済)としても利用ができます。利用方法等は充電器本体の説明を確認の上ご利用ください。
◇問い合わせ先 総合政策課 TEL 96―1257

「横浜三塔の日」イベントに参加しました

 3月8日、横浜市開港記念会館で横浜三塔の日を記念したシンポジウム「国際都市ヨコハマ物語―シルク・開港記念会館・生糸貿易商人―」が開かれました。開港当時より横浜の貿易を支えてきた「生糸貿易商」にスポットを当てたもので、嬬恋村から、7代目中居屋重兵衛で、中居屋重兵衛顕彰会の黒岩幸一さんがパネリストとして参加しました。黒岩さんは嬬恋村や中居屋重兵衛の紹介、顕彰会の活動の話をされ、聴講者の興味を引きました。
 また、今回は、役場観光商工課、郷土資料館の職員もイベントに参加し、中居屋重兵衛の資料展示のほか、村のパンフレットの配布や特産品の販売など、観光PRを行いましたが、今後も横浜市中区との交流を深めていく予定です。

西小学校・田代小学校・干俣小学校閉校式

 3月26日、西小学校と田代小学校・干俣小学校の3校で閉校式が行われました。
 閉校式では、教育委員会の「閉校宣言」により、3月31日をもって3校は閉校することになりました。
 懐かしいスライド上映や参加者全員により校歌の歌い納め、児童代表による校旗・校歌の返納が厳粛な雰囲気の中で行われました。
 4月から新生「嬬恋村立西部小学校」としてスタートする3校は、たくさんの在校生や卒業生、地域の皆さんに見守られながら、それぞれの歴史に幕を下ろしました。
ページトップへ