トップページへ
トップページへ
広報つまごい【お知らせ】
国民健康保険からのお知らせ

「限度額適用・標準負担額減額認定証」「限度額適用認定証」の交付申請について
住民税非課税世帯の人は、申請により入院時食事代(標準負担額)が減額に
  国保加入者で住民税非課税世帯(表1BC、表2EFG)に該当する人は、申請により、入院時の食事代等の自己負担額が減額になる「限度額適用・標準負担額減額認定証」が交付となります。
  入院する際にこれを病院に提示することにより、食事代が減額されます。また、医療費のうち高額療養費に該当する部分の金額が、医療機関から国民健康保険へ直接請求され、本人が医療機関の窓口で支払う額が世帯の自己負担限度額までとなります。
  認定証を提示しないと、一般の人と同じ負担額になりますのでご注意ください。


※注1 
基礎控除後の総所得金額などが600万円以上の世帯。
※注2 
現役並み所得者とは、同一世帯の70歳以上の国保加入者で、住民税課税所得が145万円以上の人が1人でもいる世帯の人。
ただし、収入の合計が2人以上で520万円(単身で383万円)未満であれば、申請によりAの一般となります。
※注3 
同一世帯の世帯主および国保加入者全員が住民税非課税の人。(70歳以上の被保険者については、低所得T以外の人)
※注4 
住民税非課税世帯の70歳以上の人で、その世帯の所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる人。

※注5 医療機関によって、金額が異なります。


一般世帯・上位所得世帯の人も申請により「限度額適用認定証」を交付

  一般世帯(表1A)、上位所得世帯(表1@)の区分に該当する国保加入者が入院する場合、申請により「限度額適用認定証」が交付となります。これを提示することで、本人が医療機関の窓口で支払う額が世帯の自己負担限度額までとなります。
▽申請および有効期限
  現在、認定を受けている人の有効期限は7月31日までです。8月以降の認定には必ず申請が必要になります。
  該当する人、また入院する予定ができた人は、保険証、受給者証、印鑑を持参し役場住民福祉課で申請を行ってください。
高額療養費の申請について
  70歳未満の人および70歳以上現役並み所得者の人については、12ヶ月以内に高額療養費の該当が3回を超えると、4回目以降からは自己負担限度額が減額となります。また、世帯のなかで合算が生じる場合、認定証を利用しても、その差額の支給については申請することになります。高額療養費支給申請には領収書の添付が必要です、領収書はなくさず保管しておきましょう。
▽問い合わせ先  住民福祉課 TEL 96-0515

防災の日(9月1日)防災週間(8月30日〜9月5日)防災は、日ごろの備えから

 9月1日は防災の日です。大正12年(1923年)のこの日に発生した「関東大震災」を教訓に、防災を見直すために定められた日です。
  6月14日には、岩手県や宮城県で震度6強の大規模な地震が発生し、死傷者や家屋の倒壊など大きな被害が出ました。また、昨年9月には嬬恋村でも台風の影響により道路の決壊や土砂崩れなどの被害がありました。
  私たちは常に災害の危険と隣り合わせで生活しています。災害はいつ起きるかわかりません。災害から身を守るため、日ごろからできる限りの準備をし、この機会に日ごろの備えを再点検しておきましょう。■普段から
・非常時持ち出し品を点検する。
・災害時の連絡方法や避難場所を家族で確認する。
■台風の接近や長雨・集中豪雨の時
・テレビやラジオの気象情報(注意報・警報)に注意する。
・大雨等により「土砂災害警戒情報」の発表があったときは、特に注意する
・危険な場所には、近づかない。
■危険が迫った時
・警察署や消防署などに通報し、家族や隣家に声を掛けて、安全な場所に避難する。
・避難する時は、身支度を整え持ち物は最小限にし、しっかり火の始末をする。
・役場などの防災関係機関から避難勧告・指示があったときは、それに従い素早く避難する。
・避難先では、防災関係者の指示に従い冷静に行動する。
■戸別受信機について
○電池交換を忘れずに
  戸別受信機には乾電池が入っています。「電源ランプ」が電池切れを示した時はもちろん、定期的に電池交換を行ってください。

○雑音が続く時には
  放送が終了しても雑音が続く場合は、戸別受信機の電源を一度切り、数秒後に入れ直してください。
防災週間に合わせてご家庭の戸別受信機について電池交換など点検をもう一度行ってください。
○放送が聞きとれない時は
  放送中に雑音がひどく、聞きとれない、放送が途中で切れてしまう、というような時は、受信 機の位置をかえてみてください。
○それでも聞こえない、まったく聞こえなくなった時は
  役場総務課へご連絡ください。
▽問い合わせ先 総務課 TEL 96-0511

税務課からのお知らせ
〜税金の納め忘れはありませんか!〜
 村税などは、村が実施する事業の大切な財源です。村では、財源確保の為、村税の滞納整理に積極的に取り組んでいます。
  税は、「自主納付」「納期内納付」が原則です。催告後も納税等がない方については、財産調査の上差し押えを行います。差し押え後も納税がない場合には、公売を行い滞納した村税の未納部分に充てます。
  村民の皆さん、村税など納め忘れがないかもう一度確認をしてください。

インターネット公売を行います
  村では、滞納処分によって差し押さえた不動産を「Yahoo!官公庁オークション」で公売します。
  詳しくは、嬬恋村ホームページまたはYahoo!官公庁オークション(http://koubai.auctions.yahoo.co.jp/)をご覧ください。
▽参加申込期間
  8月22日(金)午後1時〜 9月 4日(木)午後5時まで
▽入札期間
  9月10日(水)午後1時〜17日(水)午後1時まで
▽問い合わせ先 税務課 徴収係 TEL 96-0514
こどもふれあい館からのお知らせ 〜仲間が増え・遊び場が広がりました〜
■仲間(うさぎさん)が増えました
▽利用者の投票により名前も決定!〈うーたん・ちゃちゃ〉はふれあい館の人気者!
うさぎに「おいしい?」と聞きながら餌をあげている子どもがいます。うさぎのかわいい表情が大人や子どもの心を和ませてくれて、親子で動物とのふれあいを共有しています。
▽メダカがたまごを産みました!
  雌のお腹の下に小さな卵が、この卵から赤ちゃんメダカが誕生します。赤ちゃんメダカに会いに来てください。
■遊び場が広がりました
▽砂場が完成
  砂の感触を楽しんだり、裸足になったり、砂場道具で遊んでいる親子がいます。外遊びができるふれあい館へおでかけください。




■親子のふれあい新企画登場
▽親子ふれあいクッキング!
  3歳から就学前までの親子を対象に、自然体験をいかしたふれあいクッキングを今後も予定しています。講師には食改推の皆さんや地域の方々にご協力いただいています。皆さんご参加ください。

■学童保育について
  子育て支援の一環として検討してきました学童保育は、年間を通した希望者が定員に満たず、また、4月から3ヶ月間を試行期間として開設していましたが利用者がありませんでした。学童保育については延期となりましたが、こどもふれあい館は子どもたちの居場所として利用できます。また、今後も学童保育については検討を行っていきます。

■こどもふれあい館利用方法
▽利用できる人 18歳未満の人、幼児(未就学児童)は保護者同伴。子育て関係者
▽開館日 月〜金曜日 午前9時30分〜午後5時 ※正午〜午後1時は閉館
▽休館日 土・日曜日および祝祭日・年末年始
▽利用方法 受付で名前を記入してください。
▽問い合わせ先 こどもふれあい館 TEL 97-3371

 
カモシカの毛皮抽選販売のお知らせ
  平成19年度に嬬恋村内で捕獲したカモシカの毛皮10枚を抽選により公売します。
  製品を分割した譲渡や利用はできません。1人1枚を原則とし会場での抽選で、予約はお受けできません。売り上げ金は、有害鳥獣対策費として今後活用させていただきます。
◇公売価格
  1枚30,000円 ※別途適法捕獲の証明書代400円 
◇抽選日時 8月29日(金)午後4時〜
◇抽選会場
  役場 2階会議室
◇その他 
製品の引き 渡しは、県による証 明書交付後、代金引換の予定です。
◇問い合わせ先 農林振興課 TEL 96-1256
多重債務相談窓口開設
 前橋財務事務所では、4月から多重債務相談窓口を開設しています。相談員が電話や来庁で相談を受け、必要に応じて法律専門家に引き継ぎを行っています。相談は無料です。一人で悩まず、まずはお電話ください。
▽受付時間 月〜金曜日 午前8時30分〜午後4時30分(土・日・祝祭日は除く)
▽問い合わせ先 財務省 関東財務局 前橋財務事務所 TEL 027-221-4495 
労働者個人と事業主との間のトラブルを調整します
 解雇や配置転換など、労使間のトラブルが増加しています。県労働委員会では、個々の労働者と事業主の間の、労働条件などに関するトラブル(個別的労使紛争)を解決するための支援を行っています。
  労働委員会の公益委員・労働者委員・使用者委員の三者が、公正、中立な立場から両者の間を調整して、話し合いによる解決を目指します。労使間のトラブルでお困りの方は是非ご相談ください。
▽対象者 県内にある事業所の労働者・事業主
▽対象事案 解雇・雇止め・配置転換・出向、懲戒処分など、労働条件その他労働問題に関する紛争
▽費用 無料
▽申請方法 所定の申請用紙
▽申請用紙配布場所・相談先・問い合わせ先 
群馬県労働委員会事務局 TEL 027-226-2783
平成21年版「群馬県民手帳」予約申込受付中
 群馬県統計協会では、毎年、統計思想の普及向上事業の一環として、「群馬県民手帳」を発行しています。
▽予約特別価格 1冊500円
▽申込期限 9月19日(金)
▽申込・問い合わせ先 企画財政課 TEL 96-1257 
ページトップへ
#今月のニュース
#お知らせ
#イベント&スポーツ
#ミニコーナー
 
このサイトをご覧になるには Macromedia FLASH を表示するためのプラグインが必要です。
本ホームページに記載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright (C) 2006 TSUMAGOI VILLAGE ALL RIGHTS RESERVED.
flash player