○嬬恋村出産祝金支給要綱

平成21年3月18日

告示第20―2号

(目的)

第1条 この要綱は、村民の出産に対して出産祝金(以下「祝金」という。)を支給し、次代を担う児童の健全な育成と福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象児童)

第2条 祝金の支給の対象となる児童(以下「対象児童」という。)は、出生の日以降初めて住民基本台帳に記載又は外国人登録原票に登録される住所が、嬬恋村となる児童とする。

(支給対象者)

第3条 祝金の支給の対象となる者は、対象児童を現に養育している父及び母が、次の各号のすべてに該当するもの(以下「支給対象者」という。)とする。

(1) 子の出産の日において、嬬恋村住民基本台帳に記載又は外国人登録原票に登録され、かつ、6箇月以上前から引き続き本村に住所を有していること。

(2) 村税、各種使用料等に滞納又は未納がないこと。

2 前項に該当しない者のうち、村長が特に認めたものについては、支給対象者とみなす。

(祝金の額)

第4条 祝金の額は、次のとおりとする。

(1) 第1・2子 50,000円

(2) 第3子 100,000円

(3) 第4子以降 150,000円

(申請及び決定)

第5条 祝金の支給を受けようとする者は、嬬恋村出産祝金支給申請書(様式第1号)により出産の日から1年以内に村長に申請しなければならない。

2 村長は、第1項に規定する申請があったときは、速やかにその審査を行い可否を決定し受給資格があると認めたときは、嬬恋村出産祝金決定通知書(様式第2号)、受給資格がないと認めたときは、嬬恋村出産祝金却下通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(資格の喪失)

第6条 祝金の支給を受けようとする者が、前条第1項に定める申請をするまでの間に次の各号のいずれかに該当することになったときは、受給資格を失う。

(1) 祝金の申請をする前に、出産児が死亡したとき。

(2) 祝金の申請をする前に、本村の住民基本台帳又は外国人登録原票に記載又は登録されなくなったとき。

(3) その他村長が適当でないと認めたとき。

(祝金の返還)

第7条 村長は、偽りその他不正の手段により祝金の支給を受けた者があるときは、その者に既に支給した祝金の返還を命ずることができる。

第8条 この要綱に定めるものの他必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第41号)

1 この告示は平成28年4月1日から施行する。

2 改正後の嬬恋村出産祝金支給要綱第4条第1項第1号の支給の対象者は、平成28年4月1日以降に出生した児童とする。施行日以前に出生した児童については、なお従前の例による。

附 則(平成29年告示第51号)

1 この告示は、平成29年6月1日から施行する。

2 この告示による改正後の嬬恋村出産祝金支給要綱の規定は、平成29年6月1日以後に出産した者から適用し、同日に出産した者については、なお従前の例による。

様式 略

嬬恋村出産祝金支給要綱

平成21年3月18日 告示第20号の2

(平成29年6月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成21年3月18日 告示第20号の2
平成28年4月1日 告示第41号
平成29年6月1日 告示第51号