○嬬恋村集落支援員設置要綱

平成28年4月1日

告示第29号

嬬恋村集落支援員設置要綱の全部を次のように改正する。

(目的)

第1条 人口減少や少子高齢化が進行する本村において、住民自らが地域の現状と課題を把握し、行政や関係団体などと連携した取り組みが進められるよう、地域のアドバイザー、コーディネーター役として、集落支援員(以下「支援員」という。)を設置する。

(支援員の区分)

第2条 支援員は、次のとおり区分して配置する。

(1) 村長が指定する地域に配置する専任の支援員

(2) 各行政区に1名ずつ配置する兼任の支援員

(活動内容)

第3条 支援員は、地域の実情又は村長の指示に応じ、次の活動を行うものとする。

(1) 地域の状況、課題の把握・点検

(2) 地域内外での協議、調整、連携、協力体制づくり

(3) 地域独自の住民サービス、行政等と連携した対策の検討

(4) 地域と行政とをつなぐ窓口としての業務及び連絡

(5) 地域と連携した公民館活動の調整及び支援

(6) 移住相談や空き家の有効利用の検討

(7) 前各号に掲げる活動のために必要な会議及び研修会等への参加

(8) 前各号に掲げるもののほか、村長が必要と認める業務又は活動

(身分)

第4条 支援員は、嬬恋村臨時職員取扱規則(平成19年嬬恋村規則第1号)に準ずるものとする。

(委嘱及び任期)

第5条 支援員は、地域の実情に応じ、村長が委嘱するものとする。

2 支援員の任期は、2年以内とする。ただし、再任することができる。

3 村長は、支援員としてふさわしくないと判断した場合には、委嘱を取り消すことができる。

(人選)

第6条 支援員は、次のとおり選出する。

(1) 専任の支援員は、公募による選出を原則とし、詳細は嬬恋村集落支援員募集要項に定める。

(2) 兼任の支援員は、当該行政区の推薦による選出を原則とする。

(報酬等)

第7条 支援員の報酬等は、特定の資格、免許又は相当の知識、経験、技術、技能を必要とすることから、次のとおりとする。

(1) 専任の支援員

 賃金 時給 840円

 交通費・車借り上げ 月給 8,000円

 通信連絡費 月給 1,000円

(2) 兼任の支援員

 活動に要する経費(消耗品等購入費) 150,000円

(服務)

第8条 支援員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(報告)

第9条 支援員は、第3条に規定する活動の実施状況について月毎に報告書を作成し、村長に提出しなければならない。

(村の役割)

第10条 村は、支援員が円滑に活動できるように、次に掲げることを行うものとし、支援員に関する庶務は総合政策課が行う。

(1) 支援員の活動に関する総合調整及び関係機関等との連絡調整

(2) 支援員の活動に関する住民等への周知

(3) その他支援員の円滑な活動に必要な事項

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年告示第36号)

この告示は、公布の日から施行する。

嬬恋村集落支援員設置要綱

平成28年4月1日 告示第29号

(平成29年4月3日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成28年4月1日 告示第29号
平成29年4月3日 告示第36号