○嬬恋村地域おこし協力隊設置要綱

平成27年2月9日

告示第5号

(趣旨)

第1条 この要綱は、人口減少と高齢化が進行する本村において、豊かな自然環境をはじめ、安全・安心な農産物、地域文化などの様々な地域資源を生かし、農村と都市との交流・共生や地域づくり活動に意欲のある都市住民を受け入れ、その定住・定着を図るとともに地域力の維持・向上を図るため、地域おこし協力隊推進要綱(平成21年総行応第38号総務事務次官通知)に基づき、嬬恋村地域おこし協力隊(以下「協力隊」という。)の設置に関し、必要な事項を定めるものとする。

(身分)

第2条 協力隊の隊員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

(資格等)

第3条 地域おこし協力隊の隊員(以下「隊員」という。)は、次の各号の要件をすべて満たす者とする。

(1) 委嘱の通知があってから隊員として活動を開始するまでの間に、生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から嬬恋村に移し、住民票を異動させた者(委嘱の通知を受ける前に既に嬬恋村に定住・定着している者(既に住民票の異動が行われている者等をいう。)は、含まない。)。ただし、「地域おこし協力隊員」であった者(同一地域における活動2年以上、かつ解嘱1年以内)で、3大都市圏外の全ての市町村及び3大都市圏内の条件不利地域に生活の拠点を移し、住民票を移動させた者は含めることとする。

(2) 地方公務員法第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない者

(3) 心身ともに正常な状態で誠実に職務ができる者

(4) 普通自動車免許を有している者

(委嘱等)

第4条 隊員は、資格を有する者を村長が委嘱する。

2 隊員の委嘱期間は、1年以内とし、当該年度を越えないものとする。

3 隊員は、最大3年まで再任することができるものとする。

4 特別の事由があるときは、委嘱期間中であっても解嘱することができるものとする。

(協力隊の活動)

第5条 隊員は、行政との連携を密にし、次の各号に掲げる活動に従事する。

(1) 農林業の振興に関する活動

(2) 農林漁業への従事・応援活動

(3) 水源・環境保全活動

(4) 地域行事、コミュニティ活動その他の地域おこしの支援活動

(5) 住民の生活支援活動

(6) 観光の振興に関する活動

(7) 都市との交流支援活動

(8) 地域資源の発掘及び振興に関する支援活動

(9) 地域の情報発信に関する活動

(10) ジオパークの推進事業に関する活動

(11) 移住・定住の促進に関する活動

(12) 空き家の活用に関する活動

(13) チョウザメ養殖・アクアポニックスの調査研究活動

(14) 6次産業化等の企画支援活動

(15) その他村長が必要と認める活動

(報酬等)

第6条 隊員の職務に対する報酬の額は、月額166,000円とする。報酬の算定及び支払日は、嬬恋村職員の給与の支給に関する規則(昭和51年嬬恋村規則第8号)の規定を準用する。ただし、特別なスキルを有する場合は、月額200,000円とする。

2 その他の賞与、時間外手当、退職手当は支給しない。

3 隊員が出張した場合は、嬬恋村旅費支給条例(平成8年嬬恋村条例第5号)に定める一般職員に支給する旅費の例により、費用を弁償する。

4 隊員が協力隊として活動中に生活する住居は、村が用意するものとする。

5 その他協力隊の活動に必要と認められる車両・物品等は貸与及び支給する。

6 第3項から前項の規定にかかわらず、村長が特に必要があると認めたときは、予算の範囲内において、貸与及び支給することができる。

(勤務条件)

第7条 隊員の活動日は、嬬恋村臨時職員取扱規則(平成19年嬬恋村規則第1号。以下「臨時職員規則」という。)に規定する休日以外の日とする。隊員が活動を要しない日において、特に活動することを命じた場合には、活動を要するいずれかの日を、活動を要しない日に変更し、振り替えることができる。

2 隊員の活動時間は、1日につき7時間45分とする。この場合において、標準的な活動時間帯は、午前8時30分から午後5時15分までとし、休憩時間を正午から午後1時までとする。活動時間については支援活動内容により、7時間45分を超えない範囲で変更できるものとする。

3 隊員の有給休暇は、臨時職員規則を準用する。

(社会保険等の適用)

第8条 隊員は、健康保険法(大正11年法律第70号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)及び雇用保険法(昭和49年法律第116号)の定めるところにより、それぞれの被保険者となるものとする。

(災害補償)

第9条 隊員が公務による災害を受けたときは、労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)及び群馬県市町村総合事務組合非常勤職員の公務災害補償等に関する条例(平成11年群馬県市町村総合事務組合条例第3号)の定めるところによる。

(秘密の保持)

第10条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(庶務)

第11条 隊員に関する庶務は、総合政策課及び配属課において処理する。

(その他)

第12条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この告示は、平成27年2月10日から施行する。

附 則(平成28年告示第43―1号)

この告示は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年告示第35号)

この告示は、公布の日から施行する。

嬬恋村地域おこし協力隊設置要綱

平成27年2月9日 告示第5号

(平成29年4月3日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成27年2月9日 告示第5号
平成28年4月1日 告示第43号の1
平成29年4月3日 告示第35号