○嬬恋村創作実習館設置及び管理に関する条例

平成元年3月9日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、嬬恋村創作実習館(以下「実習館」という。)の設置及び管理運営について必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 実習館は、山村振興法(昭和40年法律第64号)に基づく第3期山村地域農林漁業特別対策事業として本村の伝統技術の伝承並びに地場産業の発展、育成及び高齢者の就業機会の増大を目的として嬬恋村大字鎌原494―1番地に設置する。

(事業)

第3条 実習館は、次の事業を行う。

(1) 地場産物を活用した民工芸品の作製事業

(2) 天然資源を活用した土産品の開発事業

(3) 伝統技術の伝承と後継者の育成

(4) 地場農林産物を加工した軽食の提供

(5) 物産等の販売業務

(6) 村内の特産物、文化財、観光地等の紹介

(7) その他村長が必要と認めた事業

(指定管理者による管理)

第4条 実習館の管理は、地方自治法第244条の2第3項の規定による指定を受けた法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)に行わせることができるものとする。

(業務の範囲)

第5条 指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) 第3条各号に掲げる事業に関すること。

(2) 次条から第12条までに関すること。

(3) 施設等の維持管理に関すること。

(4) その他村長が定める業務

(指定管理者の指示等)

第6条 指定管理者は、実習館の秩序の維持及び施設等の管理運営上必要があると認めるときは、実習館を利用する者に対しその利用に関し指示をし、又は利用中の場所に従業員を立ち入らせ、利用の状況を調査させることができる。

(利用料金)

第7条 実習館を利用しようとする者は、その利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を実習館の指定管理者に納めなければならない。

2 前項の規定により指定管理者に納められた利用料金は、指定管理者の収入とする。

3 利用料金の額は、別表に定める額の範囲内において、指定管理者が村長の承認を受けて定める。これを変更しようとするときも、同様とする。

4 村長は、前項の承認をしたときは、その承認をした利用料金の額を告示しなければならない。

5 指定管理者は、既に収受した利用料金を還付しないものとする。ただし、指定管理者は、規則で定める基準に従い、利用料金の全部又は一部を還付することができる。

(損害賠償)

第8条 実習館を利用する者が施設や設備を損傷した場合は、指定管理者が損害額を査定し、弁償させるものとする。

(利用の承認)

第9条 実習館の施設等を利用しようとする者は、指定管理者の承認を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の承認をする場合において、実習館の管理運営上必要があると認めるときは、同項の承認に条件を付することができる。

(承認の基準)

第10条 指定管理者は、実習館の施設等を利用しようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、前条第1項の承認をしてはならない。

(1) 利用の目的が実習館の設置の目的に反するとき。

(2) 公共の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあるとき。

(3) 施設等を損傷するおそれがあるとき。

(4) その他実習館の管理運営上支障があると認められるとき。

(変更の承認)

第11条 第9条第1項の承認を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の内容を変更しようとするときは、指定管理者の承認を受けなければならない。

2 第9条第2項及び前条の規定は、前項の承認について準用する。

(承認の取消し等)

第12条 指定管理者は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、第9条第1項の承認(前条第1項の承認を受けたときは、その変更後のもの。次項において同じ。)を取り消し、又はその利用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) この条例若しくはこの条例に基づく規則又はこれらの規定に基づく処分に違反したとき。

(2) 虚偽の申請その他不正な手段により第9条第1項又は前条第1項の承認を受けたとき。

(3) 第9条第2項(前条第2項において準用する場合を含む。)の規定により付された条件に違反したとき。

2 指定管理者は、施設等の維持管理上その他公益上やむを得ない事態が発生したときは、第9条第1項の承認を取り消し、又はその条件を変更することができる。

(村長による管理)

第13条 第4条の規定にかかわらず、村長は、やむを得ない事情があると認められるときは、実習館の管理に係る業務を行うことができる。

2 前項の規定により村長が実習館の管理に係る業務を行う場合においては、前各条中「指定管理者」とあるのは、「村長」と読み替えるものとする。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年条例第19号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

区分

機械等名

単位

利用料金

使用料

竹自動分割機

一式 1時間

300円

内筋取まさ割機

竹薄ぎ機

小物竹まさ割機

小物竹幅決機

縄ない機

半日

300円

水車

わらたたき

1回

300円

ひきうす

米、そば、麦

1kg当たり

40円

突きうす

1kg当たり

15円

(注)

(利用料金の減免等)

第7条に定める利用料金の減免対象使用者は、次のとおりとする。

(1) 公共のために使用すること。

(2) 前号に掲げるほか、村長が必要と認めたとき。

嬬恋村創作実習館設置及び管理に関する条例

平成元年3月9日 条例第3号

(平成18年4月1日施行)