○嬬恋村紙オムツ等支給事業実施要綱

平成12年3月30日

告示第37号

(趣旨)

第1条 この要綱は、嬬恋村地域支援事業実施要綱第7条第1号の規定に基づき、在宅で介護を受けている又は受けようとする寝たきり老人等(重度の心身障害(児)者を含む。)(以下「老人等」という。)が使用する紙オムツ等を支給することによって、老人等の日常生活の快適化と介護者の身体的及び経済的労苦を軽減し、老人等の福祉の向上を図ることを目的に実施する事業(以下「事業」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、嬬恋村とし、嬬恋村社会福祉協議会(以下「協議会」という。)に委託して実施するものとする。

(利用対象者)

第3条 利用対象者は、村内に居住し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により住民票に記載されている者のうち次の各号のいずれかに掲げる者とする。

(1) 寝たきり老人等については、次のからまでのいずれにも該当する者とする。

 おおむね65歳以上であること。

 在宅において、介護保険制度における要介護状態が要介護3以上であること。

 常時失禁状態であること。

(2) 重度の心身障害(児)者については、特別障害者手当又は障害児福祉手当を受給している者で、在宅において常時失禁状態にあること。

(3) その他村長が特別に認めた者

(支給内容)

第4条 この事業は、2ヶ月に一度現物支給するものとし、一人1ヶ月あたり6,000円分を支給の限度とする。

2 現物支給については、委託された嬬恋村社会福祉協議会から配布する。

3 紙オムツの種類は、はくパンツ及び尿とりパット等利用者の希望する組み合わせとする。

(利用者負担)

第5条 この事業の利用者は、現物支給代金相当額のうち、村民税非課税世帯については2割、村民税課税世帯については3割を負担するものとする。

(申請)

第6条 紙オムツ支給事業を受けようとする者(利用対象者又はその家族。以下「申請者」という。)は、嬬恋村紙オムツ等支給事業利用申請書(様式第1号)により村長及び協議会長(以下「村長等」という。)に申請するものとする。

(決定等)

第7条 村長等は、前条に規定する申請書を受理したときは、その状況を調査の上、利用の可否を決定し、その結果を嬬恋村紙オムツ等支給事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により当該申請者並びに協議会に通知するものとする。

2 村長等は、前項の規定により利用を可と決定したときは、利用者として嬬恋村紙オムツ等支給事業利用者台帳(様式第3号)に登録するものとする。

(変更等の届出)

第8条 申請者は、第6条に規定する申請書の記載事項に変更が生じたとき、又は病院、施設等に入院、入所等するときは、速やかに嬬恋村紙オムツ等支給事業異動届(様式第4号)により村長等に届出をしなければならない。

(取消し)

第9条 村長等は、申請者が第3条に規定する要件を欠くに至ったときは、嬬恋村紙オムツ等支給事業を取消すものとする。

2 前項に定める取り消しは、様式第5号により通知する。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成16年告示第17号)

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年告示第6―2号)

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年告示第48号)

この告示は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成21年告示第31号)

この要綱は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第16号)

この要綱は、平成28年3月1日から施行する。

様式 略

嬬恋村紙オムツ等支給事業実施要綱

平成12年3月30日 告示第37号

(平成28年3月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成12年3月30日 告示第37号
平成16年3月24日 告示第17号
平成17年3月18日 告示第6号の2
平成18年9月28日 告示第48号
平成21年4月1日 告示第31号
平成28年3月1日 告示第16号