○嬬恋村学校教職員等に対する住宅貸付条例

昭和32年2月16日

条例第81号

(設置)

第1条 次に掲げる建物は、嬬恋村学校教職員住宅(以下「住宅」という。)とし、嬬恋村学校教職員に限り貸し付ける。なお、小中学校生徒にして通学困難で保護者から申出がある場合は、教育委員会において協議し、代表責任者を定め、貸し付けることもできるものとする。

設置場所

名称

嬬恋村大字鎌原1335番地1

東部教員住宅

(使用手続)

第2条 住宅を使用する者(以下「使用者」という。)は、教職員住宅借用願(様式第1号)及び請書(様式第2号)を教育長に提出しなければならない。

(貸付期間)

第3条 住宅の貸付期間は3年とし、更に継続して使用する場合は、前条に準ずる手続をしなければならない。

2 前項の貸付期間中であっても身分を失った場合は、直ちに住宅の返還をしなければならない。

(返還手続)

第4条 住宅を返還する場合は、教職員住宅退舎届(様式第3号)を教育長に提出しなければならない。

(使用料の納付)

第5条 使用者は、村長が定めた使用料を納付しなければならない。

第6条 使用料は、村長の発する納入通知書により毎月納付しなければならない。

(附属物の造作等)

第7条 住宅に附属する造作又は外部の設営及び修繕は、教育長の承認を得なければならない。

(使用者負担の費用)

第8条 次に掲げる負担は、使用者が直接支払をするものとする。

(1) 電灯料

(2) 水道使用料

(3) 障子及びフスマの張り替え並びにガラスのはめ替え

(4) 汚物の処理及び清掃に要する費用

(貸付け又は返還)

第9条 住宅の貸付け又は返還は、教育長及び学校長の立会いの上で行うものとする。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和32年2月1日から適用する。

附 則(昭和33年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和37年条例第13号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和36年9月1日から適用する。

附 則(昭和53年条例第7号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

嬬恋村学校教職員等に対する住宅貸付条例

昭和32年2月16日 条例第81号

(平成28年3月2日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和32年2月16日 条例第81号
昭和33年3月12日 条例第3号
昭和37年3月10日 条例第13号
昭和53年3月11日 条例第7号
平成7年3月15日 条例第10号
平成28年3月2日 条例第2号