伐採及び伐採後の造林の届出制度について

トップ > 農業情報 > 農林振興課 > 伐採及び伐採後の造林の届出制度について

森林の立木を伐採するときは森林法により、事前に伐採及び伐採後の造林届出書の提出が必要です。

届出が必要となるのは、保安林などを除く森林計画の対象となっている村内の民有林です。

 (保安林については、吾妻環境森林事務所(0279-75-4611)へご相談ください)

伐採を開始する日の90日から30日前に役場農林振興課まで下記の様式と位置図を提出してください。

伐採及び伐採後の造林届出書の記入例PDFファイル(268KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

伐採及び伐採後の造林届出書の様式ワードファイル(20KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

また、平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林届出書を提出した方で、伐採後の造林が完了したときは、事後に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書を提出することが義務付けられました。

造林が完了した日から30日以内に役場農林振興課まで下記の様式を提出してください。

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書の記入例PDFファイル(229KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書の様式ワードファイル(58KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

※無届けでの伐採は森林法違反となり、伐採の中止命令や造林命令を出す場合があります。命令に従わない場合は、それぞれ100万円以下の罰金に処せられる場合があります。

 

制度の詳細については、市町村森林整備計画のホームページ(林野庁)このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

林野庁のホームページ

お問い合わせ先

農林振興課
TEL:0279-96-1256