平成25年7月8日から、外国人住民の方の住基ネットの運用が開始されます

トップ > くらしの情報 > 届出・証明 > 平成25年7月8日から、外国人住民の方の住基ネットの運用が開始されます

住民基本台帳制度の変更により、平成24年7月に外国人住民の方も住民票が作成されましたが、平成25年7月8日からは、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)においても、外国人住民の方の運用が開始されます。
 住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の方も、平成25年7月8日から、住民票に住民票コードが記載され、住民基本台帳カードの交付を受けることが可能となります。

関係リンク
総務省 <外国人住民の方についても、平成25年7月8日から、住基ネットの運用が開始されます。>このリンクは別ウィンドウで開きます
(外部リンク)
日本語PDFファイル(233KB)このリンクは別ウィンドウで開きます英語PDFファイル(250KB)このリンクは別ウィンドウで開きます韓国語PDFファイル(250KB)このリンクは別ウィンドウで開きます中国語(簡体字)PDFファイル(428KB)このリンクは別ウィンドウで開きます中国語(繁体字)PDFファイル(494KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
スペイン語PDFファイル(282KB)このリンクは別ウィンドウで開きますポルトガル語PDFファイル(290KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(PDFファイル)

関連ページ
平成25年7月9日から住民基本台帳制度が変わります。 (内部リンク)

住基ネットとは?
 住基ネットとは、住民の皆様の利便性の向上と、国および地方公共団体の行政事務の合理化を図るため、居住関係を公に証明する住民基本台帳をネットワーク化した全国共通の本人確認を行うことができるシステムです。

関係リンク
総務省 <住基ネット>このリンクは別ウィンドウで開きます (外部リンク)

主な変更は次のとおりです。

  1. 外国人住民の方も住民票へ住民票コードが記載されます。
     日本人住民と同じように、外国人住民の方も住民票に住民票コードが記載され、平成25年7月8日から、住民票コードがお住まいの市区町村からご本人へ通知されます。
    住民票コードは、住基ネットにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、無作為の11桁の番号です。
  2. 外国人住民の方も住民基本台帳カードの交付を受けることができるようになります。
     外国人住民の方もお住まいの市区町村で平成25年7月8日から、申請をすることにより、住民基本台帳カード(住基カード)を取得することが可能となります。
     住基カードは、セキュリティに優れたICカードで、写真付き住基カードは、運転免許証などのように本人確認が必要な場合の公的な証明書としても使えます。

関係リンク
総務省 <住民基本台帳カード総合情報サイト>このリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク) 

お問い合わせ先

住民福祉課
TEL:0279-96-0515