平成24年7月9日から住民基本台帳制度が変わります

トップ > くらしの情報 > 届出・証明 > 平成24年7月9日から住民基本台帳制度が変わります

平成24年7月9日から、法律の改正により住民基本台帳制度が変わります。併せて外国人登録制度が廃止され、新たな在留管理制度がはじまります。
これにより、住民基本台帳カード(申請し取得が必要)の取扱いが一部変更される外、嬬恋村在住の外国人のかたに住民票が作成されます。

主な変更ポイントは次のとおりです。

(1)外国人住民の方にも住民票が作成されます。

【対象者】

  • 特別永住者
  • 中長期在留者(適法な在留資格を有し、在留期間が3ヵ月を超える方)
  • 出生または国籍喪失による経過滞在者
  • 一時庇護許可者又は仮滞在許可者

外国人と日本人が同居する場合は、同一世帯として住民票が作成され、世帯全員の住民票の写しが発行可能となります。
(新たな住民票の作成の為、5月上旬に対象となる外国人住民の方へ「仮住民票」を郵送しておりますので、記載内容をご確認いただきますようお願いいたします。)

(2)転出の届出が必要となります。
 現在、外国人住民の方が嬬恋村から村外へ転出する際の届出は不要ですが、平成24年7月9日(月)以降は、日本人と同様に、転出の届出を嬬恋村役場へしていただき、「転出証明書」の取得が必要となります。その後、転入先の市町村役場へ、「転入の届出」をしていただくこととなります。

(3)外国人登録証明書について
 外国人登録制度の廃止に伴い、現在の外国人登録証明書に代わり、中長期在留者の方には「在留カード」または「特別永住者証明書」が交付されます。
なお、現在お持ちの「外国人登録証明書」は、下記期間、「在留カード」または「特別永住者証明書」とみなされますので、下記の期間までに在留カード等への切り替え手続きをお願いいたします。

在留資格 外国人登録証明書が「在留カードとみなされる期間
永住者 平成27年7月8日(平成24年7月9日に16歳未満の方は、平成27年7月8日又は、16歳の誕生日のいずれか早い日まで)
特定活動
(特定研究活動により「5年」の在留期間が付与されている方に限る
在留期間の満了日、または平成27年7月8日のいずれか早い日
その他の在留資格(3ヵ月以下の在留資格を除く) 在留資格の満了日まで
(平成27年7月9日に16歳未満の方は、在留資格の満了日または、16の誕生日のいずれか早い日まで)

在留カードは入国管理局で交付されます。詳しくは入国管理局へお問合わせください。
【特別永住者】

在留資格 年齢・次回確認申請期間 外国人登録証明書が「特別永住者証明書」とみなされる期間
特別永住者 平成24年7月9日に16歳以上の方で、外国人登録証明書の「次回確認(切替)申請期間」の初日が平成24年7月8日までに到来する方 平成24年7月8日
平成24年7月9日に16歳以上の方で、外国人登録証明書の「次回確認(切替)申請期間」の初日が平成24年7月8日以降に到来する方 外国人登録証明書の「次回確認(切替)申請期間」の初日まで
平成24年7月9日に16歳未満の方 16歳の誕生日まで

特別永住者証明書は各市町村で交付します。

関係リンク

  1. 総務省ホームページ「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」このリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク)
  2. 法務相 入国管理局このリンクは別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 (4)住民基本台帳カードの継続利用が可能になります
 現在、嬬恋村で申請・取得した住民基本台帳カードは、住所を他市町村へ異動した場合使用できませんでしたが、改正後は新住所地でも継続利用が可能となります。

  • 住民基本台帳カードをお持ちの方で、住所変更(転入・転居・転出)の手続きをされる場合は、カードを持参ください。
  • 外国人住民の方への住民基本台帳カード交付は平成25年7月8日からです。


関係リンク

お問い合わせ先

住民福祉課
TEL:0279-96-0515