出産育児一時金直接支払制度

トップ > くらしの情報 > 子ども・教育 > 出産育児一時金直接支払制度

国民健康保険の給付制度について

出産育児一時金

 国民健康保険の加入者が出産したとき、出産育児一時金を支給します。支給額は生まれたお子様1人につき404,000円(注1)です。ただし、産科医療保障制度(注2)に加入する医療機関で出産した場合は、16,000円を加算して420,000円を支給します。

(注1)妊娠4ヶ月(85日)以上の死産、流産を含みます。
 (注2)産科医療補償制度については、厚生労働省「産科医療補償制度について」このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧下さい。

 

直接支払制度について

直接支払制度は、加入者が医療機関で手続きすることにより医療機関等から加入者へ請求される出産費用に対し、国保から医療機関等へ出産育児一時金を直接支払う制度です。これにより、加入者がまとまった現金を用意した上で医療機関等の窓口において出産費用を支払う経済的負担の軽減が図られます。

【直接支払制度を利用する場合】

医療機関等に被保険者証を提示して、直接支払制度を利用する旨を申し出て手続きを行って下さい。

※出産費用が出産育児一時金の額を上回った場合は、役場への申請手続きは必要ありません。

【直接支払制度を利用しない場合及び出産費用が出産育児一時金の額を下回った場合】

出産育児一時金の支給申請が必要になります。下記のものをご持参の上、手続きを行って下さい。

◆被保険者証
 ◆世帯主の口座番号の分かるもの
 ◆印鑑 ※認印可
 ◆医療機関から交付される直接支払制度利用に関する同意書等
 ◆出産費用の領収(明細)書

お問合せ先

住民福祉課
TEL:0279-96-0515