福祉機器等の支給等について

トップ > くらしの情報 > 健康福祉 > 障害者福祉 > 福祉機器等の支給等について

補装具費の支給
 身体障害者手帳所持者が、障害のある部分を補うために必要な用具の購入・修理にかかる費用を支給します。(要判定)
<補装具>障害区分
肢体不自由義肢、装具、座位保持装置、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえ、重度障害者用意思伝達装置
視覚障害盲人安全つえ、義眼、眼鏡聴覚障害補聴
※一部の種目については、介護保険の被保険者は介護保険による貸与が優先となります。
※費用の原則1割は自己負担となります。(所得に応じた一定の負担上限の設定あり。)

難聴児補聴器購入支援
 身体障害者手帳の交付対象とならない中・軽度の難聴児に対して、補聴器購入費用の一部を助成します。
※専門医の診断書等が必要です。
※所得によって対象とならない場合あり。

日常生活用具の給付
 在宅の身体障害者(児)、知的障害者(児)、精神障害者に、日常生活をしていく上で必要と思われる用具を給付します。
<日常生活用具>
介護・訓練支援用具特殊寝台、特殊マット、移動用リフト等
自立生活支援用具入浴補助用具、移動・移乗支援用具、頭部保護帽等
在宅療養等支援用具透析液加温器、ネブライザー、電気式たん吸引機等
情報・意思疎通支援用具携帯用会話補助装置、点字器、人工喉頭等
排泄管理支援用具ストマ用装具、収尿器
住宅改修費居宅生活動作補助用具
※世帯の課税状況に応じた自己負担あり。
※障害や等級により給付できる品目が異なります。

重度身体障害者住宅改造費の助成
 重度身体障がい者(視覚障害・肢体不自由(下肢・体幹))または障害者と世帯を同一にする方が、住宅設備を障害者に適するように改造する場合、その改造に要する費用に対して補助金の交付を行います。(新築・増築は対象外です。)
<対象者>
嬬恋村に居住し、下記のいずれかの障害を有する方
(1)下肢または体幹の障がい者で1・2級の方
(2)下肢および体幹の重複障がい者で1・2級の方
(3)視覚障害1級の方
※ただし、当該年度分市町村民税(所得割)160,000円未満の世帯に限ります。
<対象事業>
浴室・便所・玄関・台所・その他知事が必要と認めた改造工事。(当該年度内に開始し完了すること)
※介護保険の居宅介護(支援)住宅改修費または重度障害者等に対する日常生活用具給付事業の住宅改修費の対象となる工事は補助対象外。
<補助額>
改造に要する経費の6分の5(補助額上限50万円)
<補助回数>
原則として1世帯1回のみ
※県保健福祉事務所への事前協議が必要となります。

じん臓機能障害者通院交通費の補助
 じん臓機能障害の身体障害者手帳を所持する方が、人工透析療法による医療を受けるために医療機関への通院に要した交通費の一部を補助します。(当該年度の市町村民税非課税の方に限ります。)
<補助額>
月額2,600円~5,200円(通院距離による)

お問い合わせ先

住民福祉課
TEL:0279-96-0515