国民健康保険・福祉医療について

トップ > くらしの情報 > 健康福祉 > 国民健康保険・福祉医療について


<国民健康保険について>

 国民健康保険(国保)は、加入者の皆さんが収入などに応じて保険税を 負担し、病気やケガをしたとき安心して医療を受けられるように、相互に助け合っていく地域医療保険です。国保に加入する方は職場等の健康保険に加入してい る方、生活保護を受けている方以外の方で、嬬恋村に住んでいる方は、すべて国保に加入しなければなりません。
国保への届出は加入したりやめるときは、必ず14日以内に届出をしてください。届出が遅れると、保険料をさかのぼって(最高3年間)支払わなければならなくなったり、その間、医療費が全額自己負担となります。
保険税の決め方 保険税は、医療費の支払いにあてる大切な財源です。この保険税の額は所得に応じて課税される所得割額、1世帯あたりにかかる平等割額、世帯の人数をもとにした均等割額とを合算した額です。

国保届出一覧 国保届出一覧(保険証とは国民健康保険被保険者証です。)

<国保に入る場合> 届出に必要なもの
※転入してきたとき 印鑑、転出証明書
※職場の健康保険をやめたとき(退職したとき) 印鑑、社会保険離脱証明書
※子どもが生まれたとき 印鑑、保険証、母子健康手帳
※生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書
<国保をやめる場合>   
※他市町村に転出した場合 印鑑、保険証
※職場の健康保険に加入したとき 印鑑、国保の保険証、勤務先の保険証
※生活保護を受けることになったとき 印鑑、保険証、保護開始決定通知書
※死亡したとき 印鑑、保険証
※退職者医療制度に該当したとき 印鑑、年金証書、保険証
※退職者医療制度に該当しなくなったとき 印鑑、保険証
※住所、氏名、世帯主が変わったとき 印鑑、保険証
※険証をなくしたり、よごれて使えなくなったとき 印鑑、使えなくなった保険証、身分を証明するもの

・国民健康保険の届出は14日以内にお願いします。

<福祉医療費制度について>

福祉医療費制度は、子ども、重度心身障がい者、母子・父子家庭の福祉の増進を図る目的で、健康保険で医療を受けたときに支払わなければならない費用を公費(県と村)で負担する制度です。

福祉医療費受給対象者福祉医療費受給対象者
嬬恋村に住所があり、社会保険等の医療保険に加入している方で、次のいずれかに該当する方
■中学校卒業までの子ども
■重度心身障がい者
  障がい者年金1級受給者
  身体障がい者手帳1級2級
  療育手帳判定 「A」
  特別児童扶養手当該当等級1級
■母子・父子家庭
18歳の誕生日以降最初の3月31日までの間にある児童を扶養している者および当該児童(ただし、所得税を3万円以上納めている人を除く)
■父母のいない18歳未満の児童
18歳の誕生日以降最初の3月31日までの間にある者(ただし、所得税を3万円以上納めている人を除く)
※福祉医療費制度は申請によるものです。該当すると思われる方はお気軽にお問い合わせください。

福祉医療費の受給方法福祉医療費の受給方法
☆群馬県内で受診した場合☆
福祉医療費受給者証(ピンクのカード)と医療保険被保険者証を提示してください。

☆群馬県外で受診した場合☆
福祉医療費受給者証(ピンクのカード)は使えません。いったん、自己負担分を支払っていただき、後日役場住民福祉課に申請して払い戻しを受けてください。
~払い戻し申請に必要なもの~
1.福祉医療費受給者証
2.保険証
3.医療機関等が発行した領収書(領収書に患者名、診療点数等の記載がない場合は、福祉医療費給付申請書に医療機関で診療の証明を受けてください)
4.印鑑
5.振込口座のわかるもの

お問い合わせ先

住民福祉課
TEL:0279-96-0515